早漏改善法の1つとして、パートナーと協力しながらおこなう早漏防止に役立つ体位をご紹介します。

早漏改善サポートサイト

 

射精を我慢できる体位

性交の体位によって射精までの時間に違いはあるのでしょうか?
人にもよりますが、一般的に長持ちし易い体位はあります。

当サイトがおススメする、
『射精を我慢できる体位』

側位

側位は、早漏でも比較的長持ちしやすい体位です。

特に、女性の片足を男性が両足で挟むようにする体位は、一見難しそうですが、身体が硬い女性であっても簡単に挿入することが出来、深い挿入を楽しむことが出来るのです。

二人とも横になる為、ゆっくりとしたペースで動ける事と、射精しそうになってもタイミングがずらし易いというのが主な理由です。


対面座位

対面座位は長持ちし易い体位でありながら、女性も楽な体位と言われています。

その理由は、男性の上半身が垂直に起きている為、興奮が抑えられる事と、激しく運きづらいので、ゆったりとした動きなるからです。


後背位

後背位は難しい体勢でもなく、比較的に女性を誘導しやすい体位でお勧めです。
男性が主導で動く事が出来る為、射精のコントロールがし易いからです。

女性の顔や裸が見えないので、視覚的に興奮しにくい事も理由です。

また、どのような体位でも、挿入した直後は脳を刺激に慣れさせる為にしばらく動かず、キスなどで時間を稼いで膣内の感触に馴染むまで待ちましょう。

焦る事が早漏には一番よくないので気をつけましょう。


※ATTENTION

逆に、早漏になり易いのは正常位だと言われています。
正常位は、前傾姿勢により交感神経が活性化して、射精がし易くなります。

「射精位」という別名がついているほどです。

女性に対する征服欲を掻き立てますし、視覚的な刺激も強く、男性も動き易いからです。ペニスへ物理的な刺激が強くなるほど射精がし易くなってしまいます。

正常位は最後の射精する時までとっておいて、最初は射精しづらい体位から始めるのがお勧めです。

また、騎乗位もお勧めできません。
女性に主導権があるので、完全にペースを持っていかれてしまい、男性がコントロール出来ません。

さらに女性の胸が揺れて、視覚的に興奮し易い事も理由と考えられます。

個人差はあります。身体的個体差や、どういう体位が興奮するかは人それぞれなので、ご自分で研究してみましょう。


 

男女別の早漏の認識

某コンドームメーカーが実施した調査によると、1回のセックスの挿入から射精までの挿入時間を調査した結果がまとめられたものが下記の図となっています。

人には聞けないSEX事情。射精までの挿入時間は? 10分以内は早漏?射精までの挿入時間
この調査の結果から見ると、全体の約半数の男女が『4分~10分以内に射精している』という結果がわかります。

医学的観点から見た早漏までにかかる時間は、2008年に1分と定められていますが、日本国内の男女の認識的に、3分以内だと男女共に早漏であるという認識を持つ方が多いようです。