男性と女性の性行為に関しての認識をお互いに理解することは、早漏を改善することと同じく大切です。

早漏改善サポートサイト

 

早漏を含めた性行為の認識の違い

老若男女問わず誰しもがぶつかる壁と言っても過言ではないものの中のひとつに性の問題というのがあります。
この問題は厄介であり、時としてそれがコンプレックスへと変化し、後のセックスに影響を及ぼすようなことにもなりかねません。

今回は中高年層以外の若い男性という、成人男性全般を悩ませる早漏について考えていこうと思います。

男性はセックスでいかに女性を満足させられるか、できれば同じタイミングで絶頂をむかえたいと願うがあまり、それが逆効果となり、挿入後すぐに射精してしまうことについて気にされる方が多くいらっしゃいます。

女性からしたら挿入時間よりもセックストータルにおける内容、つまりは雰囲気づくりや前戯、終わった後の接し方が重要であるという声をよく聞きますが、その考えは男性とは異なるようです。

良い雰囲気のカップル そもそも女性と男性とでは体のつくりから考え方、相反する点が多いのだから仕方がありません。

例として、あまりにも興奮しすぎて早く女性の膣内に陰茎を挿入したいと焦るがばかりに、入れる前に射精してしまったという話を知人から聞いたことがありますが、それこそまさしく早漏のひとつの症状と言えます。

加えて知人が言うには、気持ちが高ぶり脳がしびれたような感覚となり、精神的な面でいろいろと焦り不安定になったことが原因で、直接的な刺激を受けずとも射精してしまったようだとのことでした。

たしかに、心因的なことが原因となり、すぐに射精に達してしまうということはよくあることのようです。

他にも肉体的な部分で、包茎男子は射精までの時間が短いという説もあります。
これは原理として簡単で、日ごろ摩擦になれていないがために少しの刺激にも非常に敏感になっており、結果挿入後あっという間に昇天してしまうのであります。

顔と口を押えるカップル では、どのようにしてこの問題を克服すれば良いのか。

中には毎日入浴時に亀頭をたわしでこすり鍛え続ければ改善されるなどと思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、それは危険なので避けたほうがよろしいのではないかと私は思います。

それは鍛練ではなく、もはやただの怪我です。陰茎を怪我してしまったらもともこもありません。そんなことをするくらいなら、射精をいかにコントロールできるようにするかというところを考え、実践するべきだと思います。

一旦症状を自覚してしまうと自信を失ったりセックス自体が嫌になったりする人もおりますが、それではあまりにも悲惨です。

まずは自分の気持ちをうまくコントロールするところからはじめれば、徐々にお相手との関係も良化していくと思います。
QUEENとKINGの防止をかぶるカップル