早漏とセックスレス、EDとの関係性など、早漏が原因で発生する問題と早漏防止薬を用いた早漏改善の必要性をご説明します。

早漏改善サポートサイト

 

早漏の薬

早漏は、男性にとって恥ずかしい事と考えられており、誇りに関わる問題です。
早漏の症状は射精感をコントロールできないことにあります。

また、男性も女性を満足させることができず、自信を無くしてしまったり、自分を情けなく感じ、恥ずかしい気持ちも少なからずあり、女性との性行為を避けるようになってしまいます。

お互いが性行為を避けるようになってしまうと「セックスレス」に陥ってしまい、お互いの関係を悪化させるばかりではなく、関係の崩壊を招いてしまうこともあります。
不満源なカップル 性行為は子供を作ることも当然の目的ですが、カップルや結婚していない方々にとっては性欲を満たすため、あるいはお互いの愛情を確認したり、より関係を深め信頼関係を構築するために必要な行為となっています。

なので性行為を満足にできないことは関係を悪くする一方となってしまいます。

本来であれば、動物にとって交尾中は一番無防備な状態なので、それを早く終わらせるのは当然で、却って優秀だという事です。
人間にも早く終わらせる事がDNAに組み込まれていても、何もおかしくはないのです。

ですが今の人間に、性交中にそのような危険がある事は滅多にありませんし、愛を確かめ合う大事な行為です。

まず、早漏とは女性が性的満足を得る前に射精をしてしまって、性交の継続が出来なくなる事です。

射精までが早い事と思われ勝ちですが、時間は殆ど関係ありません。
キスするカップル
女性が満足出来ない性行為では女性の不満が募ってしまう事になります。

早漏が問題となっている場合、その原因はいくつかあり、包茎や、亀頭が敏感などの肉体的なもの、性交に不慣れな場合に多い不安や緊張など心理的原因、年齢を重ねると起きてしまう衰弱性早漏などがあります。

衰弱性早漏は、主に射精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉の筋力低下が原因です。
前立腺の炎症、慢性尿道炎、尿道感染症などが原因の場合もあり、この場合は医療機関で治療するしかありません。

ギスギスするカップル また、勃起力の低下が早漏になる可能性もあります。

何故かというと、勃起が持続しない男性は、勃起したら、萎える前に射精しようとするからです。これは意識的の場合もあれば、無意識の場合もあります。

挿入しても中折れの心配もある為、
なるべく早くしようと焦り、何度もそのようにしているとその癖がついてしまいます。

そうなると早漏になり易くなってしまいます。
EDの方は、4人に1人が早漏だと言われていますが、それはこうした理由によります。

また、勃起してから射精するまでの間、最も射精し易いのは、射精直前と半立ちの状態の時なのです。半立ちが射精し易いのは意外に思えるかもしれませんが、半立ちは性器に血液が十分送られておらず、柔らかく刺激に弱い状態だからです。その為、少しの刺激で射精してしまいます。
バナナ つまり早漏防止には、勃起力を高める事が大切で、その為にはED治療薬が一番効果的です。中折れし易くても早漏でも、医薬品ですのでかなりの効果があります。

それでも効果がなければ、早漏治療薬もありますのでそちらを試してみて下さい。

リドカインという局所麻酔を男性の局部の亀頭に塗ることで、感覚をマヒさせることにより、射精の時間を遅らせることが可能な医薬品や、中枢神経に働きかけて射精をする時間を遅らせることができ、また早漏だけでなく勃起をすることができる効果も期待ができるスーパーカマグラ・スーパータダライズなどもあります。

※リドカインについてはこちら

※スーパーカマグラについてはこちら

※スーパータダライズについてはこちら

※タダポックスについてはこちら

今はネットでも簡単に購入出来ます。
早漏は癖になってしまうと色々と厄介です。
悩むより、早目に治療をした方が得策です。